在宅医療の患者サイドのメリットとは

在宅医療は患者にとって通常治療と異なり、どんなメリットはあるのかといえば、まず、病院への通院が困難な高齢者や、複数の疾患を抱えているのでたくさんの科あるいは病院を受診しないといけない人が一度に受診できます。
高齢者の場合は、複数の疾患を抱えているうち、何が最も活動度を下げているのかというのを見極めてもらうことが重要なため、一度に受診できることは治療も円滑にします。
また、定期訪問のためはいわゆる総合医療や予防医学的な側面もあるのが在宅医療です。
症状が落ち着いても長期入院を強いられるというのは、入院自体が短期になる傾向にあるので減ってきてはいますが、症状が落ち着いていても服薬のために通院を繰り返すこともあります。
この場合、在宅医療を受ければ、無駄がなくなり全体としての費用が少なく済む可能性があります。
終末期を自宅で過ごす場合も、入院や施設に比べると費用は安くなりますし、認知症の場合には医師が自宅で家族の話も聞いてくれるので、家族の心のケアにもなります。